〒416-0909 静岡県富士市松岡275-1
TEL.0545-67-0208 お問い合わせ

ブログ

「36Wが固まりやすい」は嘘⁉ ジェル硬化用LEDライトのW数ってなに?

ネイリストの皆さんが新しいライトを選ぶ時、一番気にされるのがW数だと思います!

「36Wがしっかりジェルが固まって、硬化熱も少ない」

と、思われているネイリストさんも多いと思いますが、

それは間違いです!

 

家電量販店へ行くと、「W」をよく目にしませんか?

冷蔵庫や、エアコンのコーナーに行くと、沢山見かけると思います!

でも、冷蔵庫やエアコンで、ジェルは固まりますか?

固まりませんよね。では、「W(ワット)」とは、いったいなんなのでしょうか?

それは…

 

W(ワット)は、消費電力の単位です

良く家電量販店でも、

「省エネ○○W」

とか書いてあるパネルを見たことないですか?

 

10年前の冷蔵庫は、400L程度のもので、だいたい600Wありましたが、

最近の冷蔵庫は200Wと、3分の1になっています!

でも、冷蔵庫の冷え方は変わりませんよね?

むしろ、瞬間冷凍などもついて、性能が上がっているとおもいます。

 

ライトも同じで、一般的な白熱電球は、40Wや60Wのものが多いですが、

LED電球であれば10Wや20Wの物も多くあります。

こちらも、消費電力が約3分の1ですが、

LED電球の方がまぶしいと感じませんか?

 

つまり、W(ワット)数と光の強さは、全く関係ないのです!

 

それなのに、なぜジェル硬化LEDライトは36Wと、表記されていることが多いのでしょうか?

ジェル硬化用LEDライトがW数で表記されているのは、

ジェル硬化用UVライトの名残なのです。

光の強さは、ルーメン・カンデラ・ルクスという3つの種類で表されます。

しかし、この3つで測れるのは可視光線だけです。

つまり、紫外線のように目に見えない光は、測ることができません。

そこで、

「同じ紫外線ライトであれば、消費電力が高いほうが、光の強さも強いだろう」

ということで、ジェル硬化用UVライトは、W数で表記されるようになりました。

その名残で、LEDライトもW数で表記されている場合がほとんどです。

 

でも、今の時代、技術も進歩し、省エネ化が進んでいるので、

少ないW数でもかなりの光量のライトもあります!

なので、W数で硬化するしないを決めることはできないのです。

 

考えてみてください。

今の一般的な大きな冷蔵庫が200Wです。

36Wって約5分の1ですよね。

5席あるサロンであれば、あの小さなライトだけで冷蔵庫1台分の消費電力が掛かっていることになります。

けっこう消費電力高いと思いませんか?

 

36Wが良いというのは、

ジェル硬化用LEDライトメーカーの戦略だったんですね…

 

ルビッシュは、消費電力10.85Wと、一般的なライトの10分の1以下でありながら、光の強さは一般的なライトの10倍以上!

省エネでハイパワーなライトです!

 

ここまで読んでくださっている方であれば、お分かりだとは思いますが、

10.85Wでも、しっかりジェルは固まります(笑)

 

なぜ、省エネでハイパワーを実現できたのかというと、

ルビッシュに使用しているLEDライトは
全て日亜化学工業さんのLEDライトを使用しているからです!

 

日亜化学工業さんを知らない方も多いかと思いますが、

日亜化学工業さんのLEDライトは世界でもトップクラス!

LED業界のランボルギーニやフェラーリなんて、例えられるほどです!

 

そして、ルビッシュは基盤を含め、オールメイドインジャパンです!

日本の素晴らしい技術により、消費電力を3分の1に、

ライトのパワーは10倍以上にすることに成功しました!

 

サロンの電気代を抑えたいサロン様にもオススメです(笑)

 

10年後のネイルサロンの笑顔の為に…

こだわりにこだわり抜いたルビッシュ

詳しく知りたい方は、コチラから

お問い合わせもお気軽にお待ちしてます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。