〒416-0909 静岡県富士市松岡275-1
TEL.0545-67-0208 お問い合わせ

ブログ

ネイリスト必見!! 欠けやすい爪の原因は? 【天然保湿因子セラミド】

ネイルサロンにいらっしゃるお客様からよく聞くお悩みの1つで、

「爪が欠けやすい」

というお悩みを聞くことがよくあると思います。

 

爪が欠けやすい原因

1.ジェルネイルなどの時に自爪を削りすぎて、爪が薄くなっている

2.爪が乾燥している

 

この2つがほとんどの原因です。

 

1つ目の問題については、ネイリスト側の問題です。

大事なお客様の爪なので、自爪を必要以上に削らないように心がけることが絶対です。

 

2つ目の問題については、様々な原因がありますが、お客様がホームケアできちんと保湿をすることが大切です。

でも、ホームケアでもきちんと保湿をしてくださっているお客様の中にも、

爪が欠けやすかったり、

乾燥の縦筋が強く入っていたりするお客様は多くないですか?

 

ホームケアできちんとオイルを塗ったりしているのに、なぜ乾燥してしまうのでしょうか?

 

その原因は…

爪の中の天然保湿因子が足りないからです!

 

天然保湿因子とは?

天然保湿因子とは、角層内に存在して、水分保持の役割を担う、スポンジのような存在です。

 

下の図は皮膚の角質層の断面図です。

 

 

 

このように、角化細胞同士がぴったりくっついて、その隙間をリピッド(細胞間脂質)が埋め、表面を皮脂膜が覆っています。

このリピッドと皮脂膜が、細胞内の水分の蒸発を防いでいます。

 

そして、角化細胞の中には、水分と天然保湿因子が入っています。

この天然保湿因子が減少すると、角化細胞の中に水分を保持することができなくなり、

乾燥の原因になります。

 

爪も皮膚表面や髪の毛と同じ「角化細胞」ケラチンで、できています。

しかし、爪は皮膚ほど皮脂膜がありません。

なので、皮膚以上に乾燥しやすい状態にあります。

それを補うのがネイルオイルの役割です。

 

ネイルオイルだけでは保湿は足りない!角化細胞を保湿するには?

しかし、ネイルオイルでは天然保湿因子を補うことができず、角化細胞の

それは、先ほど説明した通り、ネイルオイルは皮脂膜の代わりにしかならないからです。

 

では、どのように角化細胞を保湿すればよいのでしょうか?

 

それは、

天然保湿因子を入れ込むことです。

美容成分では、「セラミド」というたんぱく質の一種が天然保湿因子の働きを担います。

セラミドを角化細胞に入れることで、セラミドがスポンジの役割をして、角化細胞内の水分を保ちます。

 

爪が乾燥している人にオススメの自宅ケア

セラミドが角質細胞の中でスポンジの役割をして水分を保持し、

オイルが皮脂膜の代わりになり乾燥を防ぐ。

 

つまり、

セラミド入りの化粧水や美容液を塗ってからネイルオイルを塗る

というのが理想的な乾燥ケアです!

 

オススメのセラミド美容液は?

ネイルオイルは一般的に販売していますが、

セラミド入りの化粧水や美容液は、なかなか探すのが難しいと思います。

そんな中で、オススメなのが、

ルビッシュルヴェモアハンドセラムです!

 

 

 

 

 

 

ルビッシュルヴェモアハンドセラムは、3種のセラミド配合により、角質層をしっかり保湿します。

ハンドセラムなので、手の保湿はもちろん、爪まで塗ることで、爪もしっかり保湿してくれます。

また、塗り伸ばすと水に変化する不思議な使用感で、

ベタつきが無く、しっかり浸透してくれます。

 

是非、爪の乾燥にお悩みの方は、ルヴェモアハンドセラムをお試しください!

ルヴェモアハンドセラムは全国のルビッシュ導入店で購入可能です!

 

 

ルビッシュ導入店様も募集中!

ルヴェモアハンドセラムを取り扱いたい!

ルビッシュを導入したい!というサロン様は、是非お問い合わせ下さい!

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。